胸の大きさは遺伝だから大きくならないと考えている人がいるようですが、一概にそうとは言えません。

バストそのものは、筋肉ではなく90%の脂肪組織と、10%の乳腺組織からできています。
重量は人それぞれですが、その重みを大胸筋で支えているんです。

大胸筋は胸の上部にある筋肉の事で、その筋肉が衰えてくると下垂したり、張りがなくなったり形が悪くなり、いわゆる年をとったおっぱいになってしまいます。
この大胸筋をうまく鍛えることで、ハリのある美しいバストを形作ったり、保ったりできるのです。

効率よく鍛えるには、腕立て伏せやダンベル体操がありますが、バランス良くやるようにしてください。

腕立て伏せでは手の開き方で、鍛えられる場所が変わってきますので、少しずつ試しながら行うと良いでしょう。

ダンベル体操もあまりがつがつやらないようにします。
最初は、重さの調整も出来るペットボトルで始めると良いかもしれません。
頑張りすぎて、堅い筋肉になるようなことがないようにします。ボディビルダーのような肉体が目的ではありませんので。

鍛えることに加えて、バストアップマッサージを行うと更に効果的です。
温まった体で行うようにすると更に効果を発揮しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

Comments are closed.