胸がなかなか大きくならないと悩んでいる人は、遺伝や体型のせいだと考えがちです。

しかし、実はそれよりも女性ホルモンの乱れや、分泌が不足している場合が多いと言われています。

バストアップをしたいのなら、女性ホルモンの分泌を増やしたり、乱れを失くすことに努力した方が良さそうです。

ホルモンバランスが乱れる原因は、極端なダイエットや肥満、様々なストレス、不規則な生活などがあげられます。
この状態を改善することが先決というわけです。

ホルモンバランスの改善には、アロマオイルが使われることもあります。
ゼラニウム・クラリセージ・イランイランなどを使用すると、ホルモンバランスの乱れに効果的です。

生理不順や冷え性、イライラ、むくみなどに該当する人は、体質を改善するようにしましょう。
漢方を使っての体質改善も人気ですので、一度漢方医に相談してみてもいいでしょう。
最近は女性のための漢方クリニックなどもあります。

女性ホルモンの分泌を促進させるのであれば、大豆イソフラボンを摂取し、バランス良くビタミンなどの栄養素も一緒に摂取すると良いでしょう。

Comments are closed.